結婚を機にジムニーを手放した

MENU

少しでも高い値段で売りたい

結婚したことを機に、それまで乗っていたジムニーを売って、大型の車に買い換えました。
どうせ軽自動車なんて売っても、ろくにお金にならないだろうなと思っていたのですが、査定に出してみると驚きました。
考えていたよりもずっと返ってきた見積金額が高かったのです。

 

中古車を取り扱う業者によれば、軽はは人気があるので、良い値段で取引してくれるのだそうです。
オークションで車を買おうという人は、安く車を手に入れたいと思っている人か車マニアの方かのどっちかです。

 

中でも、車をなるべく安く手に入れたいと思っている人が大半なので、一般的な車だと高い値段で売却をすることができません。
しかし、希少価値の高く珍しい車だとマニアにも満足してもらえるため、入札件数がアップして、高値で売却ができます。
車を売り払う時は、出来るだけ、高額な価格で買い取りをしてもらいたいものです。

 

その際に注意点があります。

 

それは、査定をする担当の人に嘘を述べないことです。
相手は査定をするプロの中のプロですから、あなたの嘘はあっという間にわかってしまいます。
嘘を伝えてもプラスになることもなく、心象を悪くしてしまい、マイナス点となってしまいます。
以前、知っている人のUSED CAR販売業者の方に、12年乗りつぶした車を査定してもらいました。

 

ほぼ廃車同然だと言われてしまい、値が付くのかどうか不安でしたが、3万円で下取りしてくれるということでした。
そのあとは、その車は修理したのち代車などに使われという話です。

 

車査定を頼む前に、車体についている傷は直しておく方がよいのか考えてしまうところですよね。
簡単にすぐ自分で直せる程度の小さめの傷なら、直しておいた方がよいと思います。
しかし、自分でできない大きな傷の場合は、修理に出さずにそのまま車の査定を受けた方がベターです。

 

 

 

>>ジムニー買取査定相場はこちら<<